2009年07月21日

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

FXリズム取りをしている私にとって最高の教科書がこの本。
すでに十回近くは読んでいますが、未だに読み返すほどの名作です。

初めて読んだときは立花氏の物語として読んでいましたが、
掲載されている玉操作の記録(玉帳)は大変貴重なものです。

物語としても面白いですが、教科書としても役に立つ。
FXや他の相場に関わる方には絶対に読んで欲しい本です。
逆にあまり有名になると競争相手が増えて困る気もしますが(苦笑

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録
あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録
 
 
◆相場師になるまでのどん底から成功までの軌跡

著者の立花氏はかなり前にお亡くなりになっており、
本の内容もかなり昔の相場世界が描かれています。

パソコンも携帯電話もなく、もちろんFXもなかった時代です。
(当時は為替取引など個人でできるものではありませんでした)

そんな“古典”を読んで役に立つのか、と思ってしまうのですが、
売買を実践してみると内容の素晴らしさに気付くことになります。

また、ど素人からプロ相場師になるまでに降りかかる、
大きな不幸と苦渋を乗り越えて売買技術を磨いていく様子は
感動的ですらあり、読み物としても大変面白いです。


◆立花氏の売買法・リズム取り

立花氏の売買は相場の小さな波に合わせて頻繁に玉操作をしていく、
いわゆる「リズム取り」と言われている売買法です。

私がいま実践しているFXリズム取りは、上限枚数が二枚のため、
数日〜数週間程度の波(リズム)で建て玉をマルにしていますが、
立花氏の場合は3ヶ月周期のうねり取り並みの売買期間になっています。

分割売買で30〜40枚もの玉を細かく玉操作している様は、
玉帳が芸術作品かと思うほどの完成度に唸ってしまいます。

立花氏の人生の時系列に合わせて書かれており読み易いのですが、
内容や用語が難しく、初心者にはとっつきにくいかもしれません。

それでも、何度も読み返すたびに発見のある名著です。
手元に一冊は置いておくことをオススメします。

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録
立花 義正
4496013568





この記事へのコメント
僕は最近読んだばかりでリアルタイムな記事で嬉しいです。この本は株式や商品の例だけだったので、為替に特化したものを探してしてこちらのブログにたどりつきました。♪(*^ ・^)ノ⌒☆
Posted by シンタロー at 2009年07月21日 13:26
シンタローさん

喜んでいただけてよかったです。

私もFXに特化した相場技術論の本を探したことがありますが、
見つからないため株式・商品の本を参考に実践しています。
Posted by FX相場師 at 2009年07月21日 14:52
こんにちは。FXでうねり取りし始めている者です。

しばらくは慣れるまで、単純な分割ナンピンで買おうと思っているのですが、いずれ上達した際、この立花さんの本では、つなぎ売りの技が載ってますよね。株であれば、現物渡しができるということでイメージできるのですが、FXでは、ただの両建することになるのでしょうか。
Posted by ちょろまる at 2010年01月05日 12:48
ちょろまるさん

お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

FXでも現物渡しの「コンバージョン」というサービスを行っているFX会社があります。
ただ、コンバージョンのための売買は通常の建て玉とは違うようですので、私が知る限りではただの両建てになると思います。

それでも、私がリズム取りを始めたごく初期につなぎ売りをやってみたのですが、感覚は鋭かったのでFXでも使えると感じました。

まだまだ私は二枚のナンピンの段階なので偉そうなことは言えないのですが・・・
Posted by FX相場師 at 2010年01月11日 03:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。