2010年03月26日

もっと積極的に玉操作をする

買い玉一枚だったので、買い増しのための突っ込み待ちだったのですが、月曜日の浅い突っ込みを見逃してしまいました。火曜からぐんぐん円安が進んでしまったため、たった一枚しか利益が取れていません。

上げ始めの初突っ込みは一番簡単な増し玉のチャンスだったのですが、つい手が縮んでしまいました。明らかに相場のリズム・うねりが変わっているのは分かっています。
 
 
もっと積極的に玉操作をしないと上達に結びつきません。
アノマリー通りだと仮定してうねりを考えれば、5月末〜6月初旬までは積極的に買い建てできるはずですので、2,3本突っ込んだところをポツポツと掬ってみます。

もしうまく玉を回転できれば、当て屋の数倍の利益を出すことができます。積極的に建て切りを進めていくことにします。

ただ、玉が一枚もないと感覚が鈍くなるかもしれませんので、売り落としてみて、続いて買えるか頑張ってみます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。