2010年04月24日

突っ込みをポツポツ拾って買い玉4枚

今朝、昨日の終値を見るとやや強めに突っ込んでいたので買いで一枚拾いました。
これで4月の間で突っ込んだ所をポツリポツリと買い建てをしていたので、合計4枚になりました。

玉帳は以下の通りです。

4/7 -1 87.73
4/8 -1 86.89
4/20 -1 87.07
4/23 -1 86.40
合計 -4 87.02

4月始まり(3月の終値)が88.9である事を考えれば、一番下が昨日の終値の86.7なので、素人なりの玉操作はできているようです。続きを読む

2010年04月01日

玉操作の不思議〜下げ相場を買い建てだけして利益を取る

今週の月曜日に建て玉を○にしました。まだ上げのうねりが始まって日柄20日程度だったのですが、玉操作の上達のために玉を切りました。

水曜あたりで軽く突っ込むと思っていたのですが、大きく吹き上がってしまいました。続きを読む

2010年03月26日

もっと積極的に玉操作をする

買い玉一枚だったので、買い増しのための突っ込み待ちだったのですが、月曜日の浅い突っ込みを見逃してしまいました。火曜からぐんぐん円安が進んでしまったため、たった一枚しか利益が取れていません。

上げ始めの初突っ込みは一番簡単な増し玉のチャンスだったのですが、つい手が縮んでしまいました。明らかに相場のリズム・うねりが変わっているのは分かっています。
 
続きを読む

2010年01月11日

新年の相場と初の建て玉までの準備

もうすでに鏡開きの日になってしまいましたが、
皆さん明けましておめでとうございます。

公私共に年明けすぐのバタバタも落ち着いてきて、
私もようやく相場をやれそうな状態になってきました。

FXを含めた相場全般に言えることだと思いますが、失敗の原因は
全て自分にありますので、落ち着かない時は休むのが一番です。

私も昨年は8月あたりから相当忙しくなりましので、当時建てていた
売り玉二枚は9月頭の大きく突っ込んだ時期に分割して手仕舞いました。
それから今までずっとFX相場は休み、場帳の記入のみの日々。

そしてようやく気持ちがFX相場に戻ってきたので、
来週明けあたりから準備運動を始めようと思います。
 
続きを読む

2009年12月28日

年越しまで休みを入れる効果

いよいよ2009年も終わりが近づいて来ました。

私は9月に建て玉を○にしてからは、毎日の場帳記入だけがFX相場との接点です。
越年玉は禁止されているので、年末年始の売買は行わず、玉帳の締めとグラフ書きをすることにします。

まだ玉帳を締めていないので正確な金額は分かりませんが、リズム取りの基礎練習に徹したおかげか、数万円ですがちゃんと利益を出すことができました。
まだ見よう見まねですが、何とか玉操作で利益をだせています。

来年も相場技術の上達に向けて頑張ります。

2009年07月22日

来年のFXリズム取り

まだ夏が始まったばかりですが、最近は来年の事を考える事が多いです。

というのも、FXリズム取りの二分割売買を繰り返し練習するうちに、
自分のリズム取りの玉操作の特徴を知りたくなってきたのです。

今年は上限2枚の二分割売買を続けるのは今年の目標なので守りつつ、
来年になったら上限3枚にして様々な玉操作をしてみようと考えています。
 
続きを読む

2009年07月15日

FXで稼ぐのはレシピ通り料理を作るのに似ている

相場技術論に出会ってから、そろそろ一年が経ちます。
今でこそ変動感覚の大切さがわかりますが、最初は疑いながらのスタートでした。

一年前は『多段指値』と自分で命名した多枚数の逆張り投資法で
大きく成功し、それまでの180万円の損失を取り返したばかりでした。

今は酒田新値を参考に、FXリズム取りの二分割売買を繰り返しています。
 
続きを読む

2009年07月09日

うぬぼれの変動感覚と日柄の有用性

今朝のFX相場の終値を見てびっくりしました。

先週の木曜朝に建てた売り玉(すでに決済済み)の89.85円から見ると、
なんと450銭も円高へと突っ込んでいます。

これから9月初頭までは売りの片建てだと心に決め、
さらに6月中旬のFX相場の転換(うねりの山)も実感していながら、
私は今回の下げをほとんど取れなかったのです。

金額で言うと実際取れたのは18,000円で、今朝の決済なら85,000円。
4〜5倍の違いがあります。
 
続きを読む

2009年06月22日

FX初心者とプロの相場師の売買の違い

土日は久々に相場技術論の本を読み返しました。

板垣浩氏の本は相場技術への入り口となってくれた本で、
購入してからは、特に迷った時などに何度も読み返しています。
その度に相場技術向上のヒントを掴んできました。

今回の読み返しでも新たな気付きがありました。
というより、1年かけてやっと理解できたと言うべきでしょうか。

それはFX(相場)のアマチュアとプロの【売買の質の違い】です。
 

続きを読む

2009年05月14日

スイスフラン円の売り玉を2日間で手仕舞い

火曜日の朝に建てたスイスフラン円の売り玉一枚を今朝買い落ちしました。
久しぶりの売買でしたので、玉を建てた時の感覚と落とした時の感覚を
確かめるという目的のため、早めに買い落ちすることにしたのです。

実際はと言うと、建てた時は何の手応えもなく早々と損切りを決意し、
決済予定の今朝に玉を落としてみた時にはわずかな感覚がありました。
それが手応えなのか違和感なのか、まだいまいち分かりません。

たまたま1万数千円の利食いにはなりましたが、二分割売買ではなく
たった一枚の試し玉のため、たいした成果はありません。

次は二分割売買でだんだんと感覚を慣らしていこうかと思います。
こんども売り建てでいくので、戻るまでしばらく日柄待ちですね。

◆今日のFXリズム取り売買記録

続きを読む

2009年01月06日

今年のFX目標と相場技術

あけましておめでとうございます。
今日が年明け最初の書き込みとなりました。

ここはやはり年明け定番の記事として、今年の目標を書きたいと思います。

去年は1月にいきなり強制ロスカットで140万円の大損をしたために
結局最後は損益通算マイナスで終わってしまいました。

それでも7月に相場技術と出会ってからは、地道に売買を繰り返す
ことで少ないながらも利益を出すことができました。
(最後にムチャをして本当にわずかな利益に終わってしまいましたが)

そんな去年の損失と失敗を踏まえ、今年はこんな目標を立てました。
 

続きを読む

2008年12月14日

相場の動きを見続けると得られるもの

私がFXを始めたきっかけはスワップポイント目当ての投資だったため、
最初はファンダメンタル派として相場を始めました。

ところが、長期投資はあまりにも資金の増加が遅いため、途中で転向し
デイトレを中心としたテクニカル派として売買をして大損をしました。

いまは相場技術論者として、玉操作と変動感覚を中心とした売買をやっています。

「分割売買による玉操作は分かるけど、変動感覚なんてオカルトだ。」

なんて思っていたのですが、実際に相場師が使う三種の神器を
使い続けてみたところ、面白い体験をするようになってきました。
 
続きを読む

2008年11月27日

FX上達の出発点

私がFXを始めたきっかけは、高金利通貨でスワップポイントをもらう
(理屈上では)安定した長期投資に魅力を感じたからでした。

毎年スワップポイントで1000万円だ、不労所得でウハウハだ、
という話を聞けば、誰でもやりたくなると思います(笑

しかも証拠金取引なので少額からでもOKで、しかもレバレッジを
上げれば年利300%も可能、という事で純粋で貧乏な(笑)私は
「これでお金持ちの仲間入りだ!」と喜び勇んでFXを始めました。
 
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。